ご挨拶

市長ご挨拶

四日市市長の森智広です。四日市コンビナート先進化検討会事務局の四日市市を代表して、一言ご挨拶申し上げます。

本市臨海部のコンビナートは、エネルギー・素材の安定供給および地域産業の発展のため、環境との調和を図りながら発展してきました。一方で、四日市コンビナートを始めとする、石油化学産業は、国内の人口減少による需要減や、国際競争の激化、地球環境問題におけるCO2排出抑制、シェールガスの産出増など、今後、これらの環境変化への対応も重要となってまいります。

本市におきましては、これまで、四日市コンビナートの競争力強化を実現させるという共通認識のもとで、平成13年にコンビナート企業の皆さまと行政による「四日市市臨海部工業地帯再生プログラム検討会」による取組みなど、全国をリードするコンビナートとして積極的な活動を行ってきたところです。

そのような中で平成30年度より、4つの基本目標(国際競争力の強化、新規技術の活用による安心・安全の確保、有能な技能者を育成する教育、地球環境負荷の軽減)を達成することで四日市コンビナートの先進化を果たすべく、「四日市コンビナート先進化検討会」による取組みを進めてまいりました。この検討会では、企業の皆さまに企業の枠を超えて、地域の知恵や革新的な技術を結集し、新たな企業間連携の可能性の検討や、円滑な操業に向けた規制の合理化に関する施策立案の取組み、安全確保のための新技術導入への取組み等について、検討していただいております。

また、企業の皆さまのみならず、三重大学様や関係行政機関として、経済産業省中部経済産業局様や三重県様からも、本検討会の効果を高めるために積極的にご協力をいただいており、四日市市を代表して感謝申し上げます。

現在は検討いただいた事項について、実行に移していく段階になっていると考えておりますので、企業の皆様方と行政が協力して、より大きな成果に結び付けていけることを大いに期待しております。そして、この石油化学産業の構造変革を絶好の機会と捉え、四日市コンビナートの産業基盤の強みを存分に活かし、四日市ならではの更なる発展が実現できることと確信しております。

最後に、四日市コンビナートの先進的な取組みを他地区のコンビナートにも拡げ、最終的には国内全体のコンビナートの競争力強化にも繋がることを祈念して、私の挨拶とさせていただきます。

TOP